2004年09月14日

宅間守の死刑執行

大教大付池田小児童殺傷事件の宅間守の死刑が執行された。

このニュースは正直驚いた。どうしてこんなに早くやるんだろうか?? 最近では死刑が確定してからおおよそ5年くらい経ってから執行されるのが普通である。しかし宅間は死刑確定から一年しか経っていないのにも執行されたからだ。これは法務省が事件の社会に与えた衝撃や多数に及ぶ遺族被害者の感情、そしてなによりも宅間一貫した不遜な態度などを考慮に入れると世間一般にこの処置は広く受け入れられると判断した結果なのだろう。

だが私はこの早期執行は誤りじゃないかと思う。ちなみに私は「死刑なんて残虐な法律は許せません」とか「国家による殺人には反対」なんてインチキな主張を繰り広げている珍権派ではない。死刑肯定派、死刑の数を現在の10倍にしてもいい位だ、と考えている推進派なのだが・・・・・・ 早期死刑執行は「さっさと俺を死刑にしろ」と法廷で言い放った宅間の望みをそのまま叶えただけにしかならないのではないと思う。死刑とは「死を以って償わせる以外に道はない」刑であるから執行自体は構わないとしても、犯罪者の要望に応える形であるというのがどうにも納得できない。宅間は自分歪んだ鬱憤を「池田小事件」という形で発露させ、法廷では好き勝手な主張を並べ立て、自身の要求である早期執行を行わせた。これではまるで宅間対社会の戦いにおいて

「宅間が勝利した」

ようなものではないか。事件発生から今日までの経緯を見るにつけ、そういう感慨を持ってしまう。実は私は事件発生当初、宅間に対しては非常に怒りを覚えていた。初報では宅間に精神疾患の疑いがあるとかで実名が伏せられたこともその怒りに拍車をかけた。だが時が経過するにつれ、宅間の社会に対する異常なまでの屈折した感情や池田小ならびに政府の対応、そして被害者遺族の態度を見るにつけ、その怒りは醒めて非常に虚しくなった。そして思ったのだ。宅間は社会に勝利した、と。

posted by 〜⊂´⌒ミ゚Д゚彡つ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/601869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。