2004年09月21日

アフガン航空相撲

私などよりも民明書房を愛する人々がいる。という事実を知らしめたのがこの「アフガン航空相撲」である。そもそも事の起こりは2ちゃんねるニュース速報板において、2002年(平成14年)2月14日にアフガニスタンで発生した「アフガン航空相撲殺事件」に関するスレッド「アフガン航空相撲殺される」を立てられたのだが、このタイトルを見た人々の多くが「アフガン航空相撲(で)殺される」と受け取ってしまったこと(私を含む・・・)から始まった。

で、その空気を察知した賢人が一文を提示した。

アフガン航空相撲・・・

11世紀ゴール朝の頃、時の国王の命により
アフガニスタン各地より集められた武術、格闘技に精通した者を中心に
編成された近衛兵の間での力比べが起源と言われる。
最初は地面の上だけでの競技であったが、やがて高いところからの攻撃や
空中に飛び上がっての闘い等時を経る毎に技が高度化し
現在のアフガン航空相撲の形が完成した。
後の元による侵攻の際もアフガン航空相撲力士は圧倒的多数を誇る元軍の攻撃を
得意の航空技により簡単に粉砕したと伝えられる。
その際元軍が航空相撲を研究し、アフガンに対抗するためにモンゴル式相撲を
完成させたが、空中戦ができなかったため実戦に使用されなかったということは
あまりよく知られていない。

「民明書房刊 『フビライ怒りのモンゴル相撲』より」

この記述法、まさに民明書房! この文章は高い評価をうけ、やがてフラッシュ化され、更にはアフガン航空相撲のイメージイラストまで描かれるに至ったのである。

神のイラストの数々 (神のサイトDUNGEON HEART

  1. アフガン航空相撲
  2. 元軍VS航空相撲
  3. アフガン航空落としプロセス

圧倒的な迫力を以って描かれたイラストから、アフガン航空相撲の雄姿を窺い知ることができる。単なる誤解から偉大なるネタへと昇華した瞬間であった。

私は「民明書房大全」発売の報に触れた折、真っ先に思い立ったのがこの「アフガン航空相撲」だった。それほど民明書房に対する思い入れが強いのかもしれない。だが、ネタ元を作った賢人は私などより遥かに民明書房を愛していた。そしてネット上には彼と同様に民明書房に賭けた者たちがいることを忘れてはならない。

民明書房刊 究極なる奥義のガイドライン(ガイドライン板)
民明書房に学ぶ、世界史の虚像と実像(世界史板)
民明書房的野球用語解説(野球殿堂板) いずれも2ちゃんねるより
民明書房的プロレス用語解説(プロレス板)googleキャッシュ

教えて!gooトップ > [民明書房]の検索結果

参考サイト

2典Plusより アフガン航空相撲

posted by 〜⊂´⌒ミ゚Д゚彡つ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。