2004年09月25日

可哀相な二人 ライブドア・ベースボール社

先日、楽天のプロ野球参入 仙台を本拠地のウラを書いたのだが、どうも一つ引っかかっていることがあった。「楽天仙台本拠地」の電撃発表を受け、緊急に会見に望んだライブドア社の若手二人のことである。彼らは共に26歳、一人は熊谷史人さん、もう一人は中野正幾さんという方で、熊谷さんは取締役副社長、中野さんは取締役。最近設立された「株式会社ライブドアベースボール」のサイトには確かに二人の名前が掲載されている。若手どころか立派な幹部である。ライブドアが新興企業であるとは言え、頭脳は明晰、仕事もバリバリこなせるのだろう。

だが、先程の会見の二人の対応を見ていて正直、痛々しかった。先日書いたとおり浮き足立っていたからである。普段リーダーシップを発揮している「ホリえもん」こと堀江社長がそこにはなく、代わりに対応すべき彼らには「若さ」しかなかった。こういうとき「若さ」というものはアダとなる。何故なら世の中を切り抜けるための「経験」が乏しいからである。更に彼らには強力な権限が与えられている訳でもなかったことも同情すべき点であろう。本音を言えば、会見を見ていて彼らと代わってあげたかった位だった。

というのも、私も零細なれども事業者として10年間を過ごしてきたからである。だから若い二人が慣れない場において矢面に立たされる光景というのは、どうにも見るに忍びなかった。ホリえもんはいい。彼は創業者、フリーハンドとまではいかなくとも能動的に決断し発言できる。ハッキリ言えば自己責任ですむ話なのだ。だが彼らは雇われの身、発言や対応の如何によってはホリえもんの足を引っ張りかねない。しかも経験が足りない分、余計に歯切れが悪い応対をせざる得ない状況にたたされたのである。彼らがあと10年ほどキャリアを積めばそんなことにもならずに済むことだっただろうに・・・・

大体、この局面でリーダーが海外出張するとは・・・ こういう勝負の際には状況が目まぐるしく変わる。私のような零細でさえも数日間で急転(良きにしろ悪しきにしろ)、という話は何度もあった。まして一般社会の10倍で時間が回ると言われるIT産業に身を置くものが「機」の流れ、その怖さというものを知らないはずはないだろうに。その時、その場いなかったが為に大魚を逃したという話はゲイリー・キルドールの例を出すまでもなく、ゴマンとある。更に言えば変動の兆しが見える状況下においては、もっと経験を積んでいる本社役員クラスにでも留守を任せるくらいの備えがあってよかったのでは?と思う。やはり相手が相手(楽天だけではなく各球団オーナー)、狸と狐の騙し合いのような駆け引きをやってきた人たちなんだから警戒を固めておいて損はないだろうに。このあたり、ほりえもん自身の経験不足というものが出たのかもしれない。

いずれにせよ、あの二人はまだその器にはなかった。将来的には備わるだろうが・・・・ ホリえもんは「女はお金で買える」と書いたそうだが、部下の経験値というものはお金で買えるものではないと思うのだが、どうであろうか。

posted by 〜⊂´⌒ミ゚Д゚彡つ at 01:39| Comment(1) | TrackBack(3) | 球界@ほりえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大丈夫。
こいつNは合コン野郎で嘉●とファックしまくりだから
Posted by at 2006年02月22日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ライブドア・楽天のネット投票してみませんか?
Excerpt: いま、野球界に参入していこうとしている、 「ライブドア」と「楽天」の2社。 果たして、どちらが参入できると思いますか? 私も気になるので、ネット投票をしてみようと思います。 トラックバックやコメン..
Weblog: ★ラーメン占い blog★
Tracked: 2004-09-25 18:07

ライブドアベースボール、球団名募集中です!
Excerpt: ライブドアのページをちらっと見てみたら、すでに「株式会社ライブドアベースボール」という会社自体もできていて、ページもできていました。 そこで今、球団名を募集しています。もちろんザも投票しました。..
Weblog: blog of the...
Tracked: 2004-10-01 00:13

棆離薀ぶドト稽嚇
Excerpt: 建前というのがいかに大切か。 人は本音で動くことが多いのだけど、やっぱり建前というのも大切。というか重要。 ライブドアの副社長熊谷史人君(26)をみててそう思った。 本音で言えば、上場企..
Weblog: 管理人日記 - webmasterさんのブログ - 東北大学学友会合気道部
Tracked: 2004-10-06 11:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。